HOME > 【男性視点体験談】 > 彼女が口内射精されてお掃除フェラまでしてる現場を目撃した件
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


彼女が口内射精されてお掃除フェラまでしてる現場を目撃した件

関連体験談 :彼女jk年下淫乱変態浮気寝取られ口内射精

高2の夏休みに入るちょっと前に、朝実という1つ下の女の子と付き合っていた。


1年の中では目立った存在の1人だった朝実は、確かに整った顔をしていたのだが、 この子が目立っていたのは顔立ちよりも、水泳部特有の引き締まった体のラインと、 何となくヤレそうな匂いのする、色気のある雰囲気のせいだった。


今思えば、これが間違いだった。


「ヤレそうな女」というのは、一歩間違えば「すぐにヤッてしまう女」なのだから。


処女だと言っていた朝実だが、どうも嘘くさかった。


アソコは明らかに開通済みだったし、その他にも細かい部分で「慣れ」を感じた。


本人はわざと下手な振りをしているようだったが、隠しきれていない感じだった。


何度もセックスするうちに、朝実はどんどん本性をあらわしていった。


本人は「あたし先輩に開発されちゃったね」


と言っていたが、 どう考えても開発したのは俺以前の男たちだった。

だいたい、「開発する」


なんて言葉を使う女子高生なんて滅多にいない。

うちの学校には合宿所があって、夏は運動部がよく使っていた。


朝実の水泳部も例外ではなく、俺はある夜、そこを訪ねた。


いつもは朝実が迎えてくれるのだが、その日はだいぶ早く着いてしまい、 まだ夕暮れ時だった。


部室に行ったが、朝実はいなかった。


時間をつぶすために、広い合宿所をぶらぶらと歩いた。


すると、その日は使われていない部屋の方から、物音と人の声が聞こえた。


静かに近寄って、部屋の中の様子を窺った…やっている。


女は激しく突かれているようで、それに合わせて 「あっ!あっ!あっ!あっ!」


と声を上げている。


やがて男が「ううっ!」


とうめき、静かになった。


誰だか知らないけど頑張ってるなあ…などと思っていた俺だったが、 次の瞬間に凍り付いた。


「はぁ…やっぱヒロくんのおちんちん、すごく気持ちいいね」


朝実の声だった。


「やっぱ」


って何だよ?「ヒロくん」


って誰だよ? あまりのショックに俺は立ちつくした。


この中にいるのは…朝実?違う…違う…違う…そんな風に呆然としていると、 「うるせえよマンコマシーン」


という男の声がした。


聞き覚えはない。


「ひどーい!なにそれー!もうしてあげない…あっ!」


ちょっと怒ったその声も、感じたときに上げるその声も、やはり朝実の声だった。


「何だよやっぱりマンコ触られると気持ちいいんじゃねえかよ」


と、男の責める声。


「いやっ…あっ…」


と言いながら、朝実は身をよじっているのだろうか。


グチャグチャという音が聞こえてくる。


朝実のマンコがかき回される音だ。


「またイッちゃうんだろ〜?彼氏じゃない俺にイカされるんだろ〜?」


「いや、いや、いや、あっ、あっ!あああっ!……ああっ…」


男の指で朝実は簡単に達してしまった。


俺は勃起が止まらない。


たまらず、自分のものをしごき始めた。


「くわえてくれよ」


と男が言うと、ピチャピチャと音がした。


「なあ、俺と付き合えよ。


いいだろ?いつもヤッてるんだしさ」


いつも?いつもなのか?朝実はこいつにいつも体を許してるのか? 「ダメー。


だって先輩が好きだもん」


朝実…えらいぞ…でもフェラしながらそういうこと言うなよ… 「んーだよー。


いいじゃんかよー。


俺のチンコくわえてるだろお前」


「んー、ヒロくんのは気持ちいいからねー。


ほーら、気持ちいいですね〜」


朝実はチンコに語りかけている。


俺は、朝実が自分のチンコに語りかけながら 口と手でしごいてくれているところを想像していた。


「俺の方が気持ちいいんだろ?だったら俺と付き合えよ」


男は食い下がる。


「んー、先輩との気持ちよさは別なの。


好きな人とのエッチは別。


特別なの」


他の状況で聞いたら、こんなに嬉しい言葉はない。


でも、今聞いても… 何だよ!俺はセックスだけかよ!何でなんだよ!」


男は朝実に詰め寄り、 「マンコ開けよ!」


と命令した。


朝実が動く音がして、しばらくすると「ああっ…」


という声が聞こえた。


ゴムを付けた男が、朝実に挿入したのだろうか。


男はさらに、朝実をなじる。


「チンコ入れてるじゃねえかよ!」


「キスもされてるじゃねえかよ!」


「お前のマンコの中で俺が精子出してるじゃねえかよ!ゴム付けてっけど!」


「いっつも俺にイカされてるじゃねえかよ!」


「セックスしたいんだろ?したいんだろ?俺としたいんだろ?」


この男、ガキだ…っていうか何だよその「ゴム付けてっけど!」ってのは。


ちょっと男がかわいそうかも、などと思ったり、 朝実はずいぶんひどい女だ…とも思った。


そして何より、「見たい!」と思った。


俺は静かに扉を開けた。


朝実は屈曲位で貫かれていた。


朝実の尻と男の尻が、重なっては離れていく。


しかし、その中心には杭のように太い棒が、しっかりと朝実を捕らえている。


朝実の穴からは白濁した汁が流れていた。


精子?かと思ったが、ゴムは付いている。


…ということはあれは朝実の本気汁だ。


朝実は本当にこの男の体に感じ入っているのだ。


そう思うと、いっそう激しく勃起して、そのまま射精した。


朝実はすでに軽くイカされているようだったが、男の腰は止まらない。


しばらくして、体位を変えようとした男がチンコを朝実から抜き去った。…でかい。


長くて太く、とにかくカリが大きい。


「横に広がりまくってみました」


的なカリ高チンコが、再び朝実を貫いていく。


俺はすぐさま勃起した。


「あんなのに朝実はやられてるのか…」


貫かれ、突き動かされ、喘ぐ朝実はやはり綺麗だった。


セックスってすごい。


少なくともヤッている最中は、その女はヤッている男のものだ。


男は自らの性器で女を征服し、所有しているのだ。


今、朝実の持ち主は、巨大なチンコで朝実を下から突き上げて倒しているこの男であって、 その様子を扉の隙間から覗きながら、2度目の精子を噴き出している俺ではないのだ。


朝実はガクガクと体を震わせている。


正確には、そうさせられている。


快感と突き上げの激しさとで、朝実はおもちゃのように揺れていた。


男は朝実を四つん這いにした。


朝実の顔が、こっちを向いた。


男はなかなか入れず、入り口をかき回している。


「もう…早く入れてよう…」と朝実が振り返る。


男はニヤッと笑うと、 「俺のこと好きって言え」と言った。


朝実はためらわずに、 「…ヒロくん大好き」と言った。


男は満足そうに突き入れる。


振り返った朝実の顔は、嬉々としてそれを受け入れていた。


心まで奪われたのか?と俺はショックだったが、 れでも再びの勃起は収まらなかった。


男のストロークは長く、速い。


一突きごとに、朝実が征服されていく気がした。


もうすっかり体を奪われているのだが、さらにそう思わせるような腰の動きだった。


朝実はがっくりと上体を突っ伏し、尻だけを突き上げていた。


もう何度も達してしまったのだろう、朝実の反応は鈍くなっていた。


すると男が「イキそうだイキそうだイキそうだ!」


と言った。


その瞬間、朝実はガバッと起きあがると、体を反転させて男のチンコに食らいついた。


男は、ゴムを投げ捨てた。


「んなあっ!」


と言いながら男は口内に出した…と思いきや、 途中でチンコが引き抜かれ、朝実の顔に精子が降りかかった。


後ろからなのでよく見えないが、おそらくそうなのだろう。


「ああ…口内&顔射達成ってか…」


と男は満足そうに朝実の顔を眺めている。


朝実は、出されたばかりのチンコをフェラして綺麗にしているようだ。


男は綺麗になったチンコを引き抜き、 朝実の顔にかかった精子をチンコでなすりつけている。


そしてまた朝実の口にチンコを運び、朝実はそれを綺麗にする。


こいつらは何回セックスしたんだろう? よっぽど回数を重ねていなければ、こんなことはしないだろう。


いったいいつから?何回?どうして俺と付き合っている? 俺と付き合う前からなのか?後なのか?昨日は?一昨日は? そんな思いに取り憑かれながら、俺は3回目の精を放った。


そして、静かにその場を去った。


外に出ると、今見た物がまるで嘘のように静かだった。


夜の闇が全てを覆って、全てのものが「何も見ていない」


と言っているようだった。


でも、確かに朝実は他の男に抱かれて、 しかも俺とのセックスよりも満足しているのだった。


離れたところから見ていると、朝実が先に出てきてシャワー室の方に向かった。


ヒロという男もしばらくしてから出てきて、シャワー室に向かった。


シャワーを浴びた朝実が、水泳部の部屋に戻ったのは、 いつも俺が朝実を訪ねる時間の5分前だった。


俺はしばらく迷ったが、意を決して朝実のところへ行った。


俺を見た朝実は、かわいらしく微笑んで 「えへへ、先輩、今日も来てくれたんだ。


嬉しいな」


と言って出てきた。


…女って怖い。


まだたった16なのに。


それとも朝実が特別なのか。


今思うと、きっと特別だったんだろう。


朝実とヒロという男のセックスも、今見ればもっと稚拙だったのだろう。


でも、そのときはとんでもないものに見えていた。


さっきの朝実と今の朝実、そのギャップに俺は打ちのめされていた。


「どうしたの先輩?疲れてます?」


と尋ねる朝実の言葉を、 頭の中で「疲れる→突かれる→突かれる朝実」


と連想してしまい、 慌てて頭を現実に引き戻そうとした。


コンビニまで行ってジュースを買い、 夜の道を歩いて笑う朝実。


やっぱり魅力的な子だと思う。


でも、俺は笑えなかった。


顔は笑おうとしていたかもしれないが、引きつっていただろう。


朝実はそれを見逃さなかった。


「先輩、今日は変ですよ?ずっと黙ってるし、何か緊張してるみたいだし」


「そんなことないよ…」


「そんなことありますー。


じゃあさっき私、何て言いましたか?」


「え…あ…ジュースうまいね、って…?」


「ちがいますー!ほらやっぱり聞いてないじゃん!あー愛されてない、愛されてないなぁー!」


こっちの気を引こうとする朝実の態度はかわいい。


色っぽい見た目の子が、そういうかわいいことをするのだから余計にかわいい。


でも、どうしろと?お前さっきまで抱かれてたじゃん!精子かけられてたじゃん! 俺は何も言えなかった。


「ふっふーん。私、わかっちゃったかなー。先輩の考えてること」


朝実が得意気な顔でそう言った。


「じゃ、あっち行きましょう」


と言って、俺の手を引いて公園に連れ込んだ。


明かりの届かない隅に行くと、朝実は俺の腕の中に割り込んできた。


いい匂いがする。


「先輩ってばえっちですねー。さっきっからそういうことばっかり考えてたんでしょー?」


そう言って上目遣いで俺を見上げる朝実は、とても綺麗に見えた。


その推測は確かに正解だし、お前のことを考えていたわけだけど、相手が俺じゃないんだよ… そんなことを言えるはずもなく、俺はそのまま朝実にキスされていた。


歯磨き粉だかマウスウォッシュだかの味がする。


さっきのジュースの味もする。


でも、この口はさっきまで男に好き放題されていて、 精子まで吐き出されてしまっていたのだ。


そう思うと、キスなんかしたくないような気もしたが、 「汚された朝実」


という変な快感が沸き上がり、俺は朝実の唇を貪った。


「んんん…先輩…私やっぱり正解でしたね?今日は激しいんですね…」


と、朝実が恥ずかしそうにしている。


「先輩がすごいんで、ちょっとびっくりしちゃいました…」


という目は潤んでいるような気がした。


「やりてえ」


その目を見ていると、俺はもう我慢できなかった。


「え?」


朝実は目が点になっている。


「朝実の中にチンコ入れてえ」


もうかまわない。


いつもと違う言葉を使った。


「え?え?せ、先輩どうしたの?」


突然の俺の変化に、朝実は焦りだした。


「いいから来いよ。俺もう我慢できねえ」


そう言って、今度は俺が朝実の手を引いた。


公園のトイレに朝実を連れ込むと、一気にジャージとパンツを引き下ろした。


「え!先輩!ダメダメダメ!今日はダメだよう!」


と言って抵抗する朝実を無視して、指を入れる。


さっきのキスでまた濡れた朝実は、指の侵入をくい止められない。


いつもよりさらに緩くなったマンコをかき回すと、すぐにグジュグジュという音がし始めた。


朝実に後ろを向かせると、そのまま立ちバックで生で突き入れた。


緩い…あの大きなものに拡げられた朝実の膣は、締め付けが弱い感じがした。


激しく突きながら、「しょうがねえよな…あんなの入れられちゃ」


と思っていた。


このとき、無性に朝実のマンコを舐めたくなった。


散々突きまくられたマンコを味わいたくなったのだ。


朝実から引き抜くと、俺はしゃがんで股間に顔を埋めた。


中まできちんと洗ったのだろう。


マンコは綺麗だった。


それでも若干ゴムの匂いが残っているような気がした。


それを嗅ぎ取った俺はさらに興奮が高まり、 いつもとは比べ物にならない勢いで朝実を舐め回し、 初めて舌でイカせてしまうことになった。


「先輩…今日どうしたんですか…おかしいですよ…」


「お前のせいだ」


俺はついに踏み込んでしまった。


「私…がどうかしたんですか」


朝実の顔色がちょっとだけ変わった気がした。


俺は朝実に挿入すると、耳元でこう囁いた。


「お前がされるの、さっき見た」


朝実はまさに愕然とした表情でこっちを見た。


俺は無表情のまま、朝実の奥の奥まで腰を進めた。


朝実は何も言わない。


俺も何も言わない。


ただ、体だけがつながっている。


でも、心はもう離れている。


沈黙を破ったのは俺だった。


「口でしてくれ」


朝実は、自分の愛液で濡れたチンコを、嫌がりもせずにくわえてくれた。


「出すから飲めよ」


俺は無表情のままそう言った。


激しくされなくても、すぐに出てしまった。


朝実はそのまま飲み干した。


朝実の両頬を掴み、顔を上げさせた。


「お前の顔とマンコは失いたくない」


俺は何を言ってるのだろう? 「でも俺は多分、お前のこと許せない」


全くわけがわからない。


「私が好きなのは先輩ですよ…」


朝実は涙ぐんでいる。


だが、俺は冷たく言い放った。


「でもさっきしてただろ」


「…もうしません」


朝実の言葉には感情がこもっていた。


少なくともそう聞こえた。


だが、俺は自分でも不思議なほど冷たい男になっていた。


「でも許せないよ」


「…どうしたらいいですか」


朝実はとにかく困っている。


「俺はお前とセックスする。


でもお前はもう他の男とはするな」


理不尽すぎる。


自分で言っていてもそう思った。


でも、抑えることはできなかった。


心配そうにこっちを見ていた朝実が、 「…じゃあ、まだ付き合ってくれるんですか」


と尋ねるが、俺は身勝手な答えを繰り返した。


「もう彼女じゃない。


でも体は俺のものだ」


「…そんなの勝手です」


「じゃあさっきセックスしてたの誰だよ。お前だろ。お前は俺を裏切ったんだろ。償えよ」


「…わかりました。でも、でも!」


「でも何だよ」


「私は、先輩の彼女だって思ってます」


「…好きにしろよ」


変態のくせに傲慢。


あのときの自分はどうかしていた。


何で朝実があそこまで自分に固執したのかわからない。


この後、朝実をたびたび呼びだしては抱いていた。


求められるたびに嬉しそうにやって来る朝実を見ていると 良心の呵責に耐えられなくなり、すぐに関係の終了を言い渡したが、 その後に誘惑され、またあっさりと抱いてしまうことがしょっちゅうだった。


ヒロというあの男は、水泳部の3年生だった。


あの後も朝実と関係があったかどうかは知らない。


朝実は否定しているし、校内で俺を見ると常にガンを飛ばしまくりの男だったので、 もしかしたら本当に何もなかったのかもしれない。

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
タグ

フェラ 中出し 生挿入 人妻 クンニ 浮気 口内発射 キス OL オナニー アナル 不倫 職場 複数 熟女 女子大生 出会い系 初体験 寝取られ 寝取り 絶頂 淫乱 彼女 童貞 巨乳  美人 ごっくん 手コキ 処女 痴女 おっぱい カップル 近親●姦 風俗 M女 夫婦 乱交 セフレ ラブホ 3P 射精 年上 女友達 おもちゃ 露出 変態 泥酔 野外 年下 旅行 撮影 お酒 手マン 69 学生 風俗嬢 調教 潮吹き ナンパ 目撃 覗き バイブ アルバイト 筆おろし ホテル 成り行き 先輩 彼氏持ち 寝取らせ 巨根 レ●プ  三十路  ナース お掃除フェラ 彼氏 騎乗位 ハメ撮り パイパン 温泉 トイレ 四十路 本番 お風呂 アナルセックス 青姦 後輩 顔射 バック 兄妹●姦 スワッピング SM デリヘル アナル舐め レズ 友達 同級生 ギャル 輪姦 同僚 正常位 羞恥 ハーレム 上司 カーセックス ヤリマン サークル 妊娠 マッサージ jc 再会 悪戯 姉弟●姦 外国人 病院 パイズリ 四つん這い 想い人  ローター 告白 お持ち帰り 4P ビッチ イケメン  車内 M男 貧乳 ノーパン ローション 女教師 ソープ 学校 Hな体験談 合コン 夏休み 友達の彼女 ホモ 元カノ 入院 公園 睡姦 バツイチ ゲイ 部活 脅迫 愛撫 失神 鬼畜 夜這い 早漏 海外 立ちバック カラオケ コスプレ 母子●姦 S女 AV 幼馴染 ノーブラ 一夜限り 家庭教師 プール 浴衣 結婚 拘束 混浴 異常 王様ゲーム 大学時代 イラマチオ 男友達 動画  従姉妹 ぶっかけ 剃毛 水着 お漏らし 見せつけ 子持ち スカトロ 媚薬 五十路 包茎 浣腸 メンヘラ 義姉 セックスレス 緊縛 教師 会社 セクハラ ピル 制服 言葉責め  罰ゲーム ブス 部下 姉妹丼 おし●こ 生理 うんこ 逆ナンパ キャバ嬢 義妹 欲求不満 SNS 義母 高校時代 ヤンキー 同窓会 夫婦交換 パート 異物挿入 ぽっちゃり 飲み会 電車 いたずら 忘年会 姉妹 性癖 素股 彼女の友達 フェチ 放尿 パンチラ おしっこ 逆ハーレム 絶倫 童顔 合宿 ハプニング お尻 ニューハーフ 出張 アラフォー 性●隷 友達の母  居酒屋 援助交際 破局 M字開脚 スカ●ロ  未亡人 痴● 父子●姦 近親相姦 チャット 対面座位  アラサー 元彼 飲尿 汗だく 友達の嫁 借金 全裸 痙攣 S男 息子 ハプニングバー デート 修学旅行 ヘルス 名器 開発 キャンプ 嫉妬 叔母 元カレ 修羅場 ピンサロ 清楚 女上司 電マ 教え子 デブ AV女優 看護婦 着衣 マンネリ 妻の妹 アナニー 乳首 失禁 筆下ろし 安全日 親子丼 Tバック 義父 パンスト 写メ 遅漏 GW マグロ 焦らし 前立腺 生徒 露天風呂 クリスマス シ●タ 逆レ●プ 正月 親戚 駅弁 W不倫 盗撮 女医 マネージャー 5P オフ会 肉便器 旅館 臭マン 妻の過去 妻の友達 パチンコ 妊婦 インポ 誘惑 座位 テレフォンセックス 無防備 社員旅行 義弟 彼女の妹 モデル ディルド スパンキング 即尺  スナック 母乳 Wフェラ 下着 アブノーマル 顔面騎乗 外人 いじめ ビキニ 友達の彼氏 勃起 姉の友達 双子 青春 愛人 兄嫁 ホームレス 逆夜這い ブサイク  離婚 息子の友達 匂いフェチ バイ 睡眠薬 パンツ 奴隷 ミニスカ 義兄 バレないように ネカフェ 画像 二穴 出産 同棲 イメクラ 店外 枕営業 馴れ初め js 映画館 中イキ パンティ テレクラ 胸チラ ザーメン 面接 目隠し 女装 黒人 黒ギャル ヌード 隣人 ドライブ 従兄弟 保母 ロリ ヤクザ ハーフ メル友 ヤリチン お仕置き 中折れ  M女 ツンデレ コンパニオン 叔父 覗かれ オシ●コ 口移し ホステス 巨尻  イマラチオ 中絶 野外露出 家出 獣● ブルマ ラッキースケベ 肉●器 後悔 くぱぁ オナ禁 誕生日 口内射精 復讐 胸射 ホスト DQN コンビニ 還暦 トラウマ BBQ 妻の母 店員 カップル喫茶 性病 万引き 中国人 家族 ペニバン ご褒美 インストラクター 医者 オタク 彼女の母 後輩の嫁 視姦 危険日 野球拳 尻コキ 元彼女 ネトゲ 留学 盗み聞き コタツ 銭湯 精飲 マングリ返し 遠距離恋愛 更衣室 喘ぎ声 お泊まり 松葉崩し 尻軽 看病 韓国人 朝勃ち 主婦 淫語 女王様 連れ子 痴漢 教室 純愛 ママ友 上司の嫁 彼女持ち ゲーム 近●相姦 性欲 結婚式 クラブ 芸能人 男の娘 萌え メール ソフトSM 友達の姉 援交 大学生 6P 美乳 手こき 妄想 可愛い 事故 お礼 寸止め  母親 CA ガバマン 教育実習生 宅飲み ライブチャット 一目惚れ 掲示板 保健室 ファーストキス お見舞い 妹の彼氏 ホテヘル 先輩の彼女 兄の彼女 患者 キャバクラ 先生 嘔吐 キモ男 座薬 友達の妹 赤ちゃんプレイ テレホンセックス 妹の友達 友達の妻 3P お客 妻の姉 マット 娘の彼氏 バイアグラ マン毛 土下座 屈辱 アメリカ人 授乳 単身赴任 スーツ ジム 夫の弟 先輩の嫁 テニス部 お客さん 仕返し 競泳水着 短小 水中 長身 セクキャバ 裸エプロン 彼女の姉 シャワー お盆 サッカー部 隠し撮り 年末 性接待 剣道部 社長 美容師 M字開脚 相互鑑賞 雑魚寝 敏感 送別会 骨折 パイプカット 性感  発情 アイドル お目覚めフェラ バス 勘違い 診察 オナホ 本気汁 男の潮吹き イメプ 再婚 剛毛 母●相姦 地味 メイド エステ 姫始め ブラコン 花火 義娘 プロポーズ 彼氏の友達 爆乳 文化祭 脱衣麻雀 ストーカー フィストファック 純情 精通 ガーターベルト 閲覧注意 ストリップ H無し 行きずり 真面目 タクシー 手錠 キメセク 兄の嫁 ボーイッシュ 聖水 ハッテン場 医師 尻射 素人 美脚 バスケ部 電話 登山 ワキガ ツーリング 美魔女 フリーター 留学生 おっパブ サウナ 相談 女将 試着室 着替え 卒業旅行 イメージプレイ 夢精 ロリコン ゲーセン 水泳部 Tバック 失恋 夫の友達 秘書 ヌードモデル 陸上部 野球部 麻雀 喧嘩 貝合わせ モテ期 お局 豊満 ギャップ 4P 腐女子 近所 クスコ 近○相姦 マンスジ キスマーク オイル ブログ 鑑賞 就活 寝バック 美少女 姉の彼氏 リスカ マン汁 介抱 売春 風邪 白人 二股 ロシア人 店内 素人童貞 祭り スク水 病室 店長 レースクイーン 海水浴 賭け 若妻  ショタ 足コキ 盗聴 クリトリス 女社長 裏切り 恋愛 トコロテン 息子の嫁 パチンコ屋 歯科衛生士 読み物 バスガイド 嫁の友達 再開 ベランダ ゴルフ メガネ 兜合わせ ドレス 美術部 脱衣 花見 顧問 テント ストッキング ヘタレ 粗チン 自撮り 新婚 講師 マニア コンドーム 我慢汁 DV 匂い 後輩の彼女 ヤリコン  駐車場 パンティー 穴兄弟 ギャルママ 酒池肉林 スイミング 質問ある? ヤンデレ 娘の友達 口止め 高嶺の花 失敗 従弟 バー 箱入り娘 図書館 水商売 男子大学生 初フェラ 騙し キャンギャル 放屁 弟の嫁 逆レイプ セックス スレンダー ビンタ 乳首責め 母娘丼 友達の母親 受付嬢 嫁の妹 関西弁 教育実習 ボランティア 夫の上司 団地妻 愚痴 プレゼント チンぐり返し テニス AV男優 放置プレイ 性教育 オムツ 尾行 春休み ピアス マザコン コンパ 性処理 アクメ 性感マッサージ 姉弟相姦 レ○プ ノンケ タンポン 神社 デリヘル嬢 アナルプラグ ルームシェア カメラマン 兄の友達 受験 中国 ゲロ パブ タイ人 スイミングスクール 思春期 見学 見られた LINE 胸キュン 花火大会 陵辱 コーチ 和服 浪人生 女子寮 ポルチオ 残業 お医者さんごっこ 男優 亀甲縛り 男子高校生  脱糞 病気 レイプ 紐パン 着物 親子 健康診断 遊園地 放課後 弟の彼女 拉致 親友 吹奏楽部 家族温泉 シスコン 性転換 スポーツジム 夏祭り 彼女の母親 相互オナニー ストレス 一人暮らし メンズエステ レオタード 騎上位 実家 回春マッサージ スカウト 不妊症 友達の奥さん アヘ顔 搾乳 シングルマザー OL お嬢様 ヒッチハイク SM 継母 マンぐり返し 友達の夫 ゴルフ場 北海道 逆痴● 首輪 日記 PTA 接骨院 寮母 カットモデル 刺青 金髪 生理前 友人 染みパン 玄関 背面座位 ハミ毛 グラドル コテージ 避妊 釣り  リハビリ アフター 先輩の母 バリ 尻軽女 トリプルフェラ 尻文字 喪服 SM嬢 子連れ ヌーディストビーチ ダンサー 探偵 思い人 初恋 巫女 保育士 ニンフォマニア 添乗員 イベント 鼻フック 韓国 発見 ブサメン 部下の嫁  見せ合い 夜勤 VIPPER ケンカ 美人局 膝枕 隠語 BL 欲情 社内恋愛 寝込み パイ射 オカマ 自宅 ぶりっ子 キャンプ場 仮性包茎 マイクロビキニ 老人 同僚の嫁 兄妹相姦 勝負 紹介 ネット 投稿 旦那 スキー場 レギンス 賢者タイム 同僚の彼女 凌辱 女子校生 姉の旦那 一人旅 沖縄 社内 治療 飲● DJ 目の前  逆●漢 アラフィフ 拡張 写真 首絞め 弁護士 独身 台湾 ムチムチ 初夜 スケスケ 手術 女神 便秘 隠撮 M字 同期 jk 彼女もち 姫初め 罵倒 流出 ホットパンツ 台湾人 イジメ 黄金 自転車 喪女 ファザコン パワハラ 挑発 パジャマ エロ動画 スケベ椅子 小悪魔 ハメ潮 キチガイ 唾液 租チン 野菜 オーナー 帰省 ニーハイ 遭遇 両親 性生活 新年会 マジックミラー 倦怠期 恋人交換 寝起き ぎっくり腰 グラビアアイドル 割り切り チンカス  ボーナス わかめ酒 

フリーエリア